EVENT
TITLE

2021 Mini Christmas Market

DATE

bankeiねんど小屋 木村美穂子/札幌市 木村美穂子さんが生まれ育った札幌・盤渓の土を掘り、粘土から作る焼き物たち。使いやすさを考慮して作陶したカップやソーサー、眺めているだけで温かい気持ちになれる「灯り小屋」シリーズなどがあります。灯り小屋は、木村さんが一つひとつの建物を作り込んだすべて一点もの。暗がりの中、建物の中にセットしたライトを灯すと、想像がふくらみ、まるで絵本の中の世界に入り込んだような気分になります。 下村 好子/札幌市 https://webkoko.com テキスタイル作家。webkoko主宰。 1985年に武蔵野美術短期大学工芸デザインテキスタイル専攻修了。 現在はweb koko 主宰、武蔵野美術大学通信教育課程の臨時講師をしている。 「web koko」は糸(繊維)を用いて、つながりと可能性そして多様さをクモのように広げてゆきたいという私の願いです。作品は身近な北海道の自然をモチーフに糸を紡ぎ、織り、編んで創ってゆきます。 例えば、風の音や草花の香りや色、または風雪の織りなす造形など、四季折々の自然の表れに日々の出来事や心情を重ね合わせてイメージを膨らませます。こうして書きつけたスケッチブック上のイメージから素材の選定やテクニックを駆使しての試行錯誤を繰り返し立体的に作品として創り上げてゆきますが、私にとってこれらの創作過程は苦しくも楽しい時間です。 素材はウールや麻などの天然素材を中心に、しかし時にはこれにとらわれることなく様々な素材にチャレンジします。それゆえ染色も身近で優しい色合いの草木染めのみならず、元気で色持ちの良い性質である化学染料をも駆使して発色させます。 イメージを糸に託し、その一本一本を丁寧に、先達から学んだ手仕事をこの時代のものとして大切に制作してゆきたいと思っています。これからも作品に想いを乗せて、手から手へ、手から場へと紡いでゆけますように。 小林優衣/札幌市 「真鍮や銀の装身具を中心にシンプルすぎず、おもしろみのある形を意識して制作している」という小林さん。その言葉通り、可愛らしさや遊び心が感じられる作品ばかりです。ときには北海道の海で集めた石やガラスを使い、表情豊かな作品を制作しています。 IKONIH北海道 佐藤木材工業株式会社/苫小牧市 ひのきをたっぷり使った、木のおもちゃを作っているブランドです。子どもたちの成長の中に本物の素材とのふれあいを感じてほしい、そして豊かな緑をこどもたちにのこしていきたい。そういう想いからIKONIHは生まれました。 山林にとって最もサスティナブルなおもちゃ、IKONIHを世代を超えて 楽しんでください。 佐藤木材工業株式会社はIKONIHの北海道唯一の一次代理店です。